アイコン (有)吉田製本工房(東京)/破産手続き開始決定

 

 

製本業の(有)吉田製本工房(東京都練馬区貫井4-47-59、代表:吉田裕次)は2月27日、東京地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、奥山健志弁護士(電話03-5220-1863)が選任されている。

スポンサード リンク

負債額は約3億円。

同社は昭和59年7月設立の製本業者。商業印刷にも進出していたが、印刷業界の不振で以前は4億円近くあった売上高も1億円台まで落ち、今回の事態に至った。

 

 

 

 

スポンサード リンク
[ 2018年3月12日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ