アイコン 女子ゴルファ- 足マットがないと従業員に暴言「マスターズGCレディース」

 

スポンサード リンク
 

日本女子プロゴルフ協会(LPGA)の小林浩美会長(56)は27日、「マスターズGCレディース」が行われた兵庫・マスターズGCで会見し、今大会に出場したプロ選手がコース関係者に暴言を吐いたとしてコース側に謝罪したと明かした。

同会長は「不適切な発言があった。大きな問題だと思っている」とし、当該選手からは聞き取り調査を行った。

詳細は「事実関係を調査中」として明かさなかったが、「第三者も交えて事実関係を把握し、協会のコンプライアンス規定、懲戒規定にのっとり処分も含めて早急に対処したい」と説明した。

関係者の話を総合すると、ツアー優勝経験もある30代の選手はストレッチなどで利用するクラブハウス内の浴室の脱衣所で、床に敷くタオルがなかったことに立腹。対応した従業員に暴言を吐いたという。

この大会では、用意していたバスタオルを持ち帰る選手が多く、今年から提供を止めていた。

以上、

LPGA側もバスタオルを持ち帰ったりするとこを禁じているならば、そのとおり、周知すべきではなかろうか。また、今大会ではバスタオルやマットが用意されていないことを選手に通知しておくべきだろう。

ただ、大会側もしくはゴルフコース側も床に敷く足マットくらいは置いておくべきではなかったろうか。

選手たちは、コンディションを整えるために殺気立っており、優勝経験者で優勝に遠のいている選手ならば、なおさらのことだろう。

選手も懲戒処分を受ける可能性もあり、言われた従業員もかわいそうだ。

ゴルフ場にバスタオルがなければ俺でも怒るわ、ただ、暴言は別。

[ 2019年10月28日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ