アイコン 吉本興業の「吉本坂46」13人感染 集団感染・クラスター発生


吉本興業は4日、「吉本坂46」が東京都千代田区有楽町1-10-1、有楽町ビル2階の「よしもと有楽町シアター」で開催した定期公演において、出演メンバー12人と運営スタッフ1人が新コロナに感染したことが判明し、保健所よりクラスター(感染者集団)認定されたと発表した。

同社の公式サイトでは「11月27日(金)に、よしもと有楽町シアターで開催いたしました『吉本坂46定期公演』に出演したメンバー12人が新型コロナウイルスに感染したことが判明し、保健所よりクラスター(感染者集団)が発生したと認定されました。このほか、運営スタッフ1人も陽性と診断されています」と公表した。

スポンサーリンク

また、「当日ご来場頂きましたお客様につきましては、保健所より濃厚接触者にはあたらないとの判断を頂いておりますが、保健所と相談の結果、お客様には個別にご連絡した上で、希望されるお客様にPCR検査のご案内をさせて頂くことといたします」と観客への対応も発表した。

出演者の感染者は、
藤森蓮華、
ANON、
藤井菜央
木原実優、
小川暖奈(スパイク)、
松浦志穂(スパイク)、
高野祐衣、
菊地浩輔(チーモンチョーチュウ)、
多田智佑(トット)、
原浩大、
佐竹正史(ビスケッティ)、
まるいるい(たまゆら学園)
の12人の陽性が伝えられている。
なお、感染者の発生を受け、12月4日の公演は中止され、11日の定期公演も中止が発表されている。
以上、

ヨシモトに所属する芸能人や付き人の人たちで、大阪や首都圏を活動拠点にしている人たちおよび管理運営会社の吉本興業は、選手・スタッフ等が厳重で厳格な新コロナに対する防疫体制で実行されたプロ野球の公式戦並みの防疫体制が必要だろう。

こうしたヨシモトの人たちは東京にしろ、大阪にしろ、新型コロナウイルスの感染が急拡大している環境下にある。どこで感染するかも分からない。気温の低下で接触感染も多くなる季節でもある。新コロナ環境下では生活にも規律が必要だ。

[ 2020年12月 5日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧