アイコン 「ペシャワール会」中村哲医師 アフガン市民賞受賞

 

スポンサード リンク
 

アフガニスタンの支援を行う福岡市の非政府組織「ペシャワール会」は9日、現地代表の中村哲医師(73/福岡県出身)が、同国のガニ大統領から同国市民証を授与されたと発表した。

長年にわたる用水路建設などの人道支援が評価された。駐日アフガニスタン大使館によると、日本人への授与は異例。今後はビザが免除されるなど名誉国民として待遇される。

中村医師は、アフガンを襲った大干ばつを受け、2003年に東部ナンガルハル州の大河クナール川周辺で用水路建設を開始。2010年、ガンベリー砂漠まで総延長25kmを超える用水路を完成させ、約10万人の農民が暮らしていける基盤を作る。事業で潤った土地は、福岡市の面積の約半分に当たる約1万6500ヘクタールに及ぶ(東京都区部1/4)。

中村医師は「日本の良心的支援とアフガン人職員、地域の指導者による協力の成果。これで文字通り現地に溶け込んだ活動になる。私たちの試みで、より大きな規模で国土が回復されることを希望する」とコメントした。

中村医師は2018年には同国の国家勲章を受けている。

以上、西日本新聞参照

中村医師は福高⇒九大医学部卒の医師、小説家の火野葦平は母方の伯父、外祖父は映画『花と竜』の玉井金五郎のモデル。1984年にパキスタンに赴任し、同国とアフガンのハンセン病の医療活動に従事、その後、アフガンに活動拠点を移し、2003年にマグサイサイ賞受賞。

東南アジアでは同じように人道支援している医師がいるが、日本ではゴルフ三昧の姿、どちらが真の姿か、どちらとも・・・。

[ 2019年10月10日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ