sponsored

サウジアラビアのエネルギー相は17日、主要な石油関連施設が攻撃を受け、原油の生産能力が半減したことについて施設の復旧作業などを進めた結果、サウジアラビアの原油の供給量が攻撃前の水準に戻ったことを明らかにした。
サウジアラビアでは、東部のアブカイクにある主要な石油関連施設などが攻撃を受け、原油の生産能力が半減した。

サウジアラビアのアブドルアジズエネルギー相と国営石油会社「サウジアラムコ」の幹部が17日、西部の都市ジッダで攻撃の後、初めて会見を開いた。
アブドルアジズエネルギー相は、「供給は通常に戻った」と述べ、施設の復旧作業などを進めた結果、サウジアラビアの原油の供給量が攻撃前の水準に戻ったことを明らかにした。
このうち、アブカイクの施設は、復旧作業の結果、原油の処理量が4割程度回復し、クライス油田については、生産を再開したという。

そのうえで、施設の復旧を今月中に終え、生産能力もほぼ回復するという見通しを示した。

原油の輸出については、備蓄してきた原油などを活用した結果、影響は出なかったとしている。

また、アブドルアジズエネルギー相は、今回の攻撃について「サウジアラビアだけでなく世界経済やエネルギー供給によくない影響を与えるものだ」と非難したが、特定の国や組織の関与については言及しなかった。
以上、

それにしても驚異的な回復力だ。
サルマン皇太子などサウジ強硬派は、イランへ直接攻撃に出る可能性も示唆されていたが、「サウジアラムコ」の上場も控え、冷静になったようだ。
イエメンでは、サウジ連合軍による武力解決はほぼ0、サウジは今後も攻撃のリスクを抱えることから、早期に国連主導で暫定政府軍と反政府勢力のフーシ派とで、和解させることが必要だろう。当然、仲裁役として米国・サウジ・イランなどの参加が求められようか。

(イランは米国から攻撃を受けた場合、敵対するUAEやサウジをミサイル・イスラエルを攻撃することになる。国産ミサイルやロシア産ミサイルを大量に所有し、米国など攻撃国は一瞬で壊滅することは不可能であり、ベル湾岸の原油施設はほとんど標的になり一発でも命中したら施設は破壊され、ペルシャ湾も機雷で封鎖される。攻撃国はイランを結果、壊滅させようが、その覚悟が必要だろう。)

戦争で、儲かるのは武器商人のトランプと武器輸出国のロシア・中国だけだろうか。
ロシアはサウジに対し、ドローン対策にS400を購入すべきだと早速商売していた。
アフガンでは、米国は既に80兆円も使い、いまだタリバンなどの反政府勢力を駆逐するに至らず、トランプは銭の無駄だとしている。
今後の戦争では、攻撃はしても、戦地に駐留はしない方針のようだ。後は、関連周辺国へ武器を売れば、米国人はけが人も出ず、米兵器産業が大儲かりするという算段。