sponsored

九州電力は25日、豊前発電所(福岡県豊前市)の遊休地を活用して無農薬のレタスを栽培する世界最大級の植物工場の事業化に向け、検討を始めると発表した。
2020年3月までに事業性評価などを行った上で、21年度の着工、22年度の稼働を目指す。

九電は傘下の九電工(建設・空調設備)、東京センチュリー(金融)、スプレッド(生産システム)の3社と、当社豊前発電所遊休地(福岡県豊前市)を活用した、次世代植物工場の事業化に向けた検討を開始することについて、9月20日合意している。

次世代植物工場は、レタスの生産能力日産5トンと世界最大級のもので、野菜の安定供給に貢献する社会的意義が非常に大きな事業とする。

次世代植物工場は電力需要が大きいことから、VPPリソースとしての活用や再エネ電源との組合せによる低環境負荷のレタスを生産する。

なお、(株)スプレッド(本社:京都市)は、開発した「環境対応」と「低コスト」を実現した画期的な最先端野菜生産システム『Vegetable Factory(TM)』が2016年「エジソン賞」の金賞を受賞している。
当システムにおいて、大規模野菜工場による栽培自動化、水資源リサイクル、自社開発野菜専用LED照明、空調制御システム、IoT技術を活用した情報システムなど多くの新技術を導入している。

0926_03.jpg