小泉環境大臣は育児休暇の取得を検討していたが、第一子の誕生後、3か月の間に合わせて2週間分、育児時間を確保する意向を固めまたことがわかった。

小泉環境大臣の妻でフリーアナウンサーの滝川クリステル。

近く第一子を出産する予定となっており、育児休暇を取得するかどうか検討するとしていた。

そして今回、男性の育休取得を進めるためには制度だけでなく空気を変える必要があるとして、国会や危機管理への対応など大臣としての公務に支障が出ないことを条件として、育児休暇を取得する意向を固めたという。

以上報道より参照

小泉環境大臣は、第一子の誕生後3か月の間に、休暇や短時間勤務、それにテレワークを組み合わせて、合計2週間分、育児時間を確保するという。

sponsored

ただし、打ち合わせなどにはテレビ会議やメールを最大限活用するとともに、副大臣や政務官に代わりに公務に出席してもらうことも検討、
小泉大臣はこうした方針を15日にも発表することにしている。

 

しかし、大臣になったとたん彼方此方で叩かれているが、本人も予想していたのか、おそらくそろそろ叩かれるだろう的なことをいっていた。

野党に限らず、嫉妬深い自民党の古だぬきからも足を引っ張られているのかもしれない。