アイコン 自民党県民会議クラスター10人感染 4人別途濃厚接触待機/宮城

宮城県議会の「自民党・県民会議」の議員10人が新型コロナウイルスへの感染が確認された。

25日開会予定の宮城県議会の11月定例会は、定数を満たしていることから予定通り開会することが決まった。

県議会の最大会派「自民党・県民会議」では、これまでに10人の議員が新型コロナウイルスに感染し、さらに4人の議員が濃厚接触者として自宅待機となっている。

県議会では24日議会運営委員会が開かれ、議員14人が欠席するものの、議決をするために必要な最小限度の出席者=議員30人の定足数を満たしているとして11月定例会は予定通り25日開会することが決めた。

一方で11月議会で予定されていた常任委員会の委員の選任は、欠席する議員がある程度復帰してから行うことにした。

以上、

 

県議会で10人も感染すれば、少しは危機感が強まるものと見られる。国会でも50人くらい感染すれば少しは危機感を感じようが、視察などもせず、人とも会わず、仕事もせず、万全な体制をとっていることから、国会議員で感染者はまだ出ていない。インフルエンザと称した爺さんはどうしているのだろうか。

テレ県議会、テレ国会もありでは・・・。

国会や党の番記者たちは毎日、15分で判明する抗体検査をしているのだろうか。

 

 

[ 2020年11月25日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産