米テキサス州のアボット知事は6月25日、新型コロナウイルスの感染再拡大に伴い、州の段階的な経済再開を一時停止すると表明した。

アボット知事は「州の経済再開を次の段階に安全に移行させるまで、今回の一時的な停止は感染を食い止める一助になる」と述べた。
テキサス州の人口は全米で2番目に多く、一日のコロナ感染者は過去3日連続で5000人を超えるなど増加が目立っている。
州のコロナ検査での陽性率は10%に上昇しており、2桁の陽性率が見られる数少ない州の一つとなっている。

アボット知事によると、以前の段階で営業が許可された企業は、指定された稼働水準や従来の衛生最低基準の下で営業を継続できるという。
アボッド知事はゴリゴリの共和党員、発生件数の少ない州や沈静化している州に対してトランプ大統領が経済再開すべきだと要請し、アボット知事は、同州では増加スピードが減速していたことから、いち早く呼応して経済再開を行った。ところがとたんに増加スピードが高じ、今では毎日5千人以上の感染者が新規に発生する事態に至っている。

sponsored


テキサス州の感染者数は24日現在、
累計で131,192人、24日発生件数6,177人、累計死者数は2,293人。
現在感染者数率も30%台から再び上昇に転じ42.6%になっている。

なお、米国全体では、緩和政策とともに再び急増しており、一時2万人を切っていた新規感染者数は、24日は38.386人と逆立ちしても第2波が急襲している。
25日の途中集計でも34900人に達している。

USA感染者数は24日現在
累計で2,462,554人、24日発生件数38,386人、累計死者数は124,281人。
現在感染者数は1,297,668人、現在感染者率は52,6%。