沖縄県は、沖縄のアメリカ軍基地で新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、今週中にも、基地で働く日本人従業員に対してPCR検査を実施する方針で、沖縄防衛局などと対象範囲や検査方法について調整を進めていることがわかった。

アメリカ軍基地での、これまでの感染者はのべ143人が確認されている。

以上報道より参照

早ければ今週中にも検査を始めたいとしており、県知事は、記者会見で「国の責任で検査は無料で受けさせてもらいたい。沖縄防衛局には、県民である基地従業員の健康を最優先とし、迅速に対応してほしい」と述べている。

 

sponsored



県が基地従業員のPCR検査へ

沖縄のアメリカ軍基地で新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受けて、県は今週中にも、基地で働く日本人従業員に対してPCR検査を実施する方針で、沖縄防衛局などと対象範囲や検査方法について調整を進めています。

沖縄のアメリカ軍基地では新型コロナウイルスの感染が拡大していて、キャンプ・ハンセンや普天間基地などで、これまでに合わせて143人の感染が確認されています。