アイコン 中国「コロナ発生源は中国ではない」 プロパガンダ・キャンペーン全力へ

Posted:[ 2020年12月 9日 ]

中国人

報道によれば・・・

新型コロナウイルスの発生からちょうど1年が過ぎたいま、「ウイルスの発生源は中国ではない」と訴える中国政府の大キャンペーンが再び活発になっているという。

米国では・・・

中国の官営メディアは、諸外国の専門家の言葉をゆがめ、自国に都合よく利用する政治宣伝活動を強化しているが、米国では、そんな中国側の動向に対する超党派の反撃が強まってきているという。

新型コロナウイルスが・・・

武漢市内で最初に確認されたことは、欧米諸国だけでなく世界保健機関(WHO)もほぼ公式に認定していた。

しかし・・・

中国当局はこれを決して認めず、中国政府の外務省報道官は「このウイルスは米軍の将兵により武漢地域に持ち込まれたようだ」などと訴えていた。

さらに中国当局は・・・

11月から12月にかけて官営テレビ局や新聞を総動員する形で、ドイツのハレ市にある「生物安全保障研究所」所長のアレグザンダー・ケクル氏の言葉を引用して「中国は無実だった」とする大キャンペーンを開始。

中国のプロパガンダにワシントン・ポストは・・・

・中国の国立「中国疫病予防管理センター」の首席研究員の呉尊友氏は、11月に「新型コロナウイルスの真の発生源は中国ではなくインドだ」という趣旨の論文を発表した。

・中国政府の輸出入食品安全局の畢克新局長は11月の記者会見で、「諸外国から輸入した冷凍食品に新型コロナウイルスが検出された」と発表し、「ウイルス発生源は中国ではない」という説を強調した

しかし一方で・・・

ドイツのケクル局長やWHOのマイケル・ライアン医師によると、新型コロナウイルスが中国の武漢で最初に発生したという事実には疑いがないという。

以上、報道より参照




ネットの反応では・・・

『発生源云々じゃなくて、隠ぺいやWHOを使った工作に怒ってるんだろ』

『まあ犯人はそういうよね』

『中国はこれで国際社会の敵になるな、守ってくれるのは経団連くらいか』

『欧州もこれで目が覚めたと思いたい』

『結局は政治体制の不備が酷いんだよ、独裁だし隠ぺい体質だし攻撃的だし』

などの声が上がっている。

 

 

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。