アイコン 菅菅しい首相、GoTo停止発表直後、二階氏らと忘年会 計8人、面切

Posted:[ 2020年12月16日 ]

菅総理が14日、GoToトラベルの全国一斉の一時停止を発表した直後、自民党の二階幹事長ら7人で会食をしていたことに、公明党の山口代表が15日、苦言を呈した。

菅総理は14日、

自民党の二階幹事長

プロ野球ソフトバンクの王貞治球団会長

俳優の杉良太郎氏

タレントのみのもんた氏

に、ほかの自民党幹部3人を加え計8人、銀座の高級ステーキ店での忘年会。

 

会食は菅総理がGoToトラベルの全国一斉の一時停止を発表した直後だったほか、政府はGoToイートの適用を「原則4人以下」に制限するよう全国の知事に要請していることなどから、菅総理の対応に、公明党の山口代表は「国民に対する一定のメッセージ性もあると思いますから、そこはよく配慮しながら今後、検討して頂きたい」と苦言。

一方、自民党 林幹雄幹事長代理は、「食事中はマスク取りますよ」

参加していた二階俊博幹事長も「マスク取らないと食事が出来ないじゃないですか、みんな十分注意しているでしょう」とのこと。

以上、



 




非政治家の人も参加していたことから以前から予定されていた忘年会だろう。

それもGoToトラベルの推進者で全国旅館業協会の会長さんでもある二階俊博氏、突然、停止発表した菅首相も早々に面切しておかなければ、菅政権誕生の立役者でもあり怖い幹事長様、政治家以外の人たちが3人もいて、二階氏も野球大好き、王会長、みのもんた氏などと野球談義に花を咲かせ、二階氏も怒るに怒れず、苦言の一言も述べられず、菅首相もすがすがしく帰宅したと見られる。

当忘年会(=当会食会)は、菅首相にとってグッドタイミングだったと見られる。


 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。