アイコン 日米関係に動くキャロライン・ケネディ元駐日大使 菅-バイデン人脈

米国大統領選挙で当選したバイデン氏と日本の菅首相の関係構築に向け、キャロライン・ケネディ元駐日大使が動いていることが分かった。
菅首相と日本の首相官邸の動向に詳しい消息筋が「故ジョン・F・ケネディ元米国大統領の娘で駐日大使を務めたキャロライン・ケネディ氏が、両首脳間の友好的な関係を構築するため水面下で動いている」と伝えた。

別の消息筋も「菅首相は来年1月、バイデン氏が大統領に就任した直後にワシントンを訪問する予定だが、バイデン氏と親しいケネディ氏がこれを積極的に後押ししていると聞いた」と明らかにした。

日本経済新聞は11月、ケネディ氏が菅首相に「バイデン氏を紹介したい」と連絡してきたと報じている。
菅首相は、官房長官だった当時、2013年から東京に赴任し4年にわたり駐日大使を務めたケネディ氏と毎月1~2回、食事をしながら信頼関係を構築してきた。

二人はこの関係を通じ、正式な外交ルートでは解決できなかった問題に対処し、両国関係がより強固になるよう寄与したとして高く評価されている。
これによって2016年には米日関係にとって画期的な出来事が起こった。

当時のオバマ大統領が、米国が原子爆弾を投下した広島を米国大統領として初めて訪問。一方、安倍首相(当時)も同年12月、旧日本軍が1941年に奇襲攻撃を行ったハワイで当時の犠牲者に哀悼の意を表明した。

 

昨年5月に当時官房長官だった菅首相が米国を訪問した際には、ケネディ氏が菅氏を自宅に招待。その際、ケネディ氏は漢字で「令和(徳仁日王時代の年号)」と書かれたケーキで菅氏を迎えた。
菅氏が昨年4月に新たな年号の令和を初めて公表し、これによって日本国民の間で菅氏の支持率が上がったことを思い起こさせた。
ケネディ氏は、米民主党内では今なお大きな影響力を持っている。今年8月の民主党大会ではクリントン元大統領と共にバイデン氏を支持する演説を行った。
バイデン氏とはいつでも電話ができるほど親密な関係のケネディ氏が、来年1月に政権が変わった後には再び政権に入るとの見方も出ている。

ケネディ氏の後任として駐日大使となり、11月上院議員に当選したウィリアム・ハガティ氏とも菅首相は関係が深い。菅氏は官房長官のときにハガティ氏とも毎週食事をしながら両国関係を調整してきた。
ハガティ氏は昨年7月にテネシー州から上院議員選挙に出馬するため駐日大使を辞任し、先月大統領選挙と同時に行われた上院議員選挙で当選した。
共和党所属のハガティ氏も今後は外交ルートを通じて日本を後押しする可能性が高そうだという。
以上、報道参照

外交関係に疎い菅首相、こうした人たちが手助けしてくれそうだ。中国は二階氏に任せておけばよい。
なお、この報道は韓国の朝鮮日報電子版での記事、よく書かれている。

1215_07.jpg

 

[ 2020年12月15日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産