アイコン 昨年の住宅着工戸数9.9%減の81.5万戸 平成10年来の低さ 新コロナ衝撃

Posted:[ 2021年1月30日 ]



国交省が発表した2020年の新築住宅着工戸数は、総戸数で前年比▲9.9%減の815,340戸だった。これは4連続の減少で、2010年の813,236戸以来の低さだった。
○新設住宅着工床面積は▲11.2%減の66,454㎡出これも4年連続減,

A、利用関係別戸数は
1、持家=注文住宅
持家は▲9.6%減の261,088戸

2、貸家=貸家+アパート+賃貸マンション
貸家は▲10.4%減の306,753戸

3、分譲マンションは▲8.4%減の107,884戸

4、戸建分譲住宅は▲11.4%減の130,753戸



B、地域別戸数は、
首都圏

総戸数は前年比▲8.2%減
持家は▲6.4%減
貸家は▲5.2%減
分譲住宅は▲12.1%減
うち分譲マンションは▲9.2%減
うち戸建分譲住宅は▲14.2%減

中部圏
総戸数は▲13.8%減
持家は▲10.4%減
貸家は▲18.5%減
分譲住宅は▲15.6%減
うち分譲マンションは▲5.0%減
うち戸建分譲住宅は▲18.7%減

近畿圏
総戸数は▲5.7%減
持家は▲10.2%減
貸家は▲6.6%減
分譲住宅は▲1.9%減
うち分譲マンションは1.9%増
うち戸建分譲住宅は▲6.1%減

その他地域
総戸数は▲11.9%減
持家は10.4%減
貸家は▲14.6%減
分譲住宅は▲10.3%減
うち分譲マンションは▲17.3%減
うち戸建分譲住宅は▲6.2%減


スクロール→

年間着工戸数推移/国交省版

 

総戸数

持家

賃貸住宅

分譲

注文住宅

マンション

建売

2012年

882,797

311,589

318,521

123,203

122,590

2013年

980,025

354,772

356,263

127,599

134,888

2014年

892,261

285,270

362,191

110,475

125,421

2015年

909,299

283,366

378,718

115,652

123,624

2016年

967,237

292,287

418,543

114,570

133,739

2017年

964,641

284,283

419,397

114,830

138,189

2018年

942,370

283,235

396,404

110,510

142,393

2019年

905,123

288,738

342,289

117,803

147,522

2020年

815,340

261,088

306,753

107,884

130,753

20/19

-9.9

-9.6

-10.4

-8.4

-11.4

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。