アイコン 台風8号 釣ケ崎海岸の五輪会場、大きな波をサーファーに提供 チューブ

Posted:[ 2021年7月27日 ]

台風8号が東京五輪開催中の日本へ近づいている。サーフィン会場の千葉房総・釣ケ崎海岸には荒波が押し寄せ、この大きな波が絶好のサーフィン環境を演出している。

大原選手のチューブ滑走はお見事だった。残念ながら準決勝敗退となったが、金メダル候補の五十嵐カノア選手もチューブを演じ4強入りを果たしている。

台風は世界の超一流サーファーたちにいい波を提供しているようだ。

台風前後には近くの勝浦海岸にも多くのサーファーが遠方からも集結する。

今後は、台風進路域での豪雨による河川の氾濫や土砂災害がないように祈るばかりだ。





スクロール→

台風8(ニパルタック・NEPARTAK)

実況日時

2706時現在

現在地

銚子市の南東沖約230キロ

中心位置

北緯 3430

東経 14250

中心気圧

990hPa

最大風速

20m/s

最大瞬間風速

30m/s

方向・速さ

西南西にゆっくり

15m/s以上の

北東に600km

強風域

南西に390km

予想進路

27日18時

日立市の東約150キロ

28日06時

仙台市の北約50キロ

0727_01.jpg

0727_02.jpg

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。