アイコン 追報:(株)大一酒類販売、(有)フードビジネスネットワークス(沖縄)/破産手続き開始決定

既報。平成29年12月13日に那覇地方裁判所へ自己破産申請した、酒類・飲料水卸の(株)大一酒類販売(所在地:沖縄県沖縄市胡屋*** )と(有)フードビジネスネットワークス(所在地:沖縄県沖縄市中央*** )は1月10日、同地裁において破産手続きの開始決定を受けました。

申請時の負債額は大一酒類販売が約3億円、フードビジネスネットワークスが約1億5千万円。

スポンサード リンク

破産管財人には、宮國英達弁護士が選任されているとのこと。

財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成30年4月19日午前10時。

事件番号は平成29年(フ)第382号・第381号となっています。

 

既報記事
(株)大一酒類販売、(有)フードビジネスネットワークス(沖縄)/事業停止・倒産

追報:(株)大一酒類販売、(有)フードビジネスネットワークス(沖縄)/自己破産申請

大一酒類販売は昭和61年創業の酒類等の卸業者。沖縄市のゴザ地区を中心に県中央部に営業地盤を形成、平成25年3月期には約10億円の売上高を計上していた。しかし、米兵士の度重なる飲酒運転事故により、のん兵衛の米軍関係者の料飲食店への出入りが制限され大きく減少、競争激化で薄利多売の地域業界にあり、売上高が8億円台まで減少して赤字経営に、資金繰りと財務体質の立て直しのため行った所有不動産の売却では、売却損まで発生して財務体質をさらに悪化させ、金融機関の支援も打ち切られ、10月に事業を停止していた。
 

スポンサード リンク
[ 2018年1月24日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ