アイコン (有)東興、(株)ライトニングイースト(岩手)/自己破産へ

 

 

パチンコ店の(有)東興(岩手県盛岡市肴町4-29、代表:西村庄作)と関連でパチンコ店の(株)ライトニングイースト(岩手県奥州市水沢区真城字町下152-1、代表:同)は2月13日、事後処理を藤田治彦弁護士(電話019-606-3600)に一任して、自己破産申請の準備に入った。

負債額は2社合計で約2億円。

東興は昭和62年10月設立の「パチンコ・くつろぎ」店を経営会社で、ライトニングイースト社は「INDY奥州南店」を経営していた。

スポンサード リンク

パチンコ業界は、5号機問題・サラ金クレジット規制強化など政府の一貫したパチンコ規制により、全国のパチンコ・スロット店が集客不足に陥り、資本力の弱い同社は行き詰った。

政府は今2月からさらに規制強化し、20兆円産業のパチンコ・スロット業界の市場をカジノに売り渡す段取りのようだ。昨年のパチンコ店の倒産は前年比で2.4倍に至っている(東京商工リサーチ調べ)。カジノは賭博であり企業倒産・破産・自殺・売春・裏の高利貸しが付きもの、政府がいくら御託を並べても世界の共通事項であり変わらない。政権党の推進議員たちはカジノで経済効果をはかるという。マカオは19施設あり2017年の売上収入はマカオ政府発表では前年比19%増の約3.6兆円市場(東京都の調査資料では6兆円、いつもの水膨れ)。

スポンサード リンク
[ 2018年2月23日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ