アイコン 赤ちゃんにとって世界で一番安全なのは日本/ユニセフ 乳児死亡率ランキング

 

 

世界では年間約260万人の赤ちゃんが、生後1ヶ月以内に死亡している。
国連児童基金(ユニセフ)は20日、2016年の新生児の死亡率を国ごとに比較した報告書を発表した。
報告書によると、新生児の死亡率が最も高かったパキスタンでは、約22人中1人の割合で、生後1ヶ月以内の赤ちゃんが死亡していた。

一方、新生児の死亡率が最も低かったのは日本で、死亡率は1111人中1人の割合だった。2位はアイスランド、3位はシンガポールが続いた。
パキスタンで生まれた赤ちゃんは、日本で生まれた赤ちゃんに比べて、生後1ヶ月以内に死亡する確率がほぼ50倍に達する。

スポンサード リンク

新生児の死亡率が高い国は、パキスタンに続いて中央アフリカ共和国、アフガニスタン、ソマリア、レソト、ギニアビサウ、南スーダン、コートジボワール、マリ、チャドの順だった。

内戦が続く国や、きれいな水や衛生施設が整っていない国、自然災害に見舞われている国が多数を占める。
米国や英国は、キューバやドイツ、イスラエルなどの国よりも新生児の死亡率が高かった。
以上、CNN、UNICEF参照

女優の誰かさんは韓国でわざわざ出産していた。
日本では、医師にとってリスクが高く産婦人科医になり手が少ないという。
しかし、なり手がいないわけではなく、こうした報道を受け、海外から出産予定客を当局も関与しメディカルツーリズムを募集したらいかがだろうか。
そのためには、最低英語ができる看護師が必要だろう。
フィリピンやインドネシアの若い女性たちが、海外に家政婦として出稼ぎに行っている。しかし、虐待事件・虐待死亡事件が相次ぎ、政府が出稼ぎさせない動きに出ている。

今の日本の医療関係者の資格制度は範囲もデタラメに広く難しく、こうした東南アジア女性は英語ができ、日本が受け入れるためには、専門分野を限定した看護師資格制度を別枠で作る必要があるのではなかろうか。医療観光を受け入れるためにも。

 

乳児死亡率/1000人中
by UNICEF
1
日本
0.9
2
アイスランド
1.0
3
シンガポール
1.1
4
フィンランド
1.2
5
エストニア
1.3
6
スロベニア
1.3
7
キュプロス
1.4
8
ベラルーシュ
1.5
9
韓国
1.5
10
ノルウェー
1.5
11
ルクセンブルグ
1.5
12
スウェーデン
1.6
13
チェコ
1.6
14
スペイン
2.0
15
イタリー
2.0
16
イスラエル
2.0
17
ポルトガル
2.1
18
アイルランド
2.2
19
ベルギー
2.2
20
オーストリア
2.2
21
オーストラリア
2.2
22
ギリシャ
2.3
23
ドイツ
2.3
ランダム
 
インド
25.4
ベトナム
11.5
インドネシア
13.7
サウジアラビア
6.9
中国
5.1
アメリカ
3.7
カナダ
3.2
ニュージーランド
3.0
英国
2.6
オランダ
2.5
フランス
2.4

 

スポンサード リンク
[ 2018年2月22日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ