アイコン 1月の全国主要都市ビジネス街区のオフィス空室率と賃料3ヶ年推移

オフィス仲介の三鬼商事が8日発表した1月の東京都心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)のオフィス空室率は、前月比0.05ポイント低下の3.07%だった。低下は3ヶ月ぶり。
日比谷パークフロント(千代田)やエスエス製薬本社ビル(中央)などで成約があり、空室率を押し下げた。地区別では、千代田と渋谷が低下した。
 オフィス平均賃料は3.3平方メートルあたり1万9,338円と前月比0.86%(165円)上昇した。上昇は49ヶ月連続で、2009年10月(1万9,500円)以来8年3ヶ月ぶり高水準だった。
  築後1年未満の新築物件の賃料は平均26,500円、既存物件は平均19,159円。
以上、東京

スポンサード リンク
 

全国主要都市のオフィス街の賃料は、ここ5年間の賃料が高い新築オフィスビルの投入により、また、需給逼迫で平均賃料が徐々に上昇してきている。

空き室率が5%を切れば、需要者の部屋の広さや交通面などのニーズになかなか応えられなり、好条件物件から自ずと賃料は高くなってくる。

2018年1月のオフィス空室率状況と賃料/三鬼商事版
全国主要都市ビジネス地区
 
 
平均
前年比
平均賃料
札幌
16/1
5.14
-2.27
8,164
17/1
3.69
-1.45
8,258
18/1
2.38
-1.31
8,483
仙台
16/1
10.05
-1.08
9,002
17/1
8.45
-1.60
8,989
18/1
6.18
-2.27
9,011
東京
16/1
4.01
-1.35
17,790
17/1
3.74
-0.27
18,582
18/1
3.07
-0.67
19,338
名古屋
16/1
7.27
-0.17
11,111
17/1
6.10
-1.17
10,850
18/1
4.18
-1.92
10,955
大阪
16/1
7.85
-0.13
11,122
17/1
4.85
-3.00
11,062
18/1
3.59
-1.26
11,270
福岡
16/1
6.29
-1.44
9,208
17/1
4.01
-2.28
9,273
18/1
3.34
-0.67
9,558
・家賃は坪単価、三鬼商事による調査データ

[ 2018年2月 9日 ]
スポンサード リンク
 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ