アイコン 追報:(株)PROEARTH(神奈川)/破産手続き開始決定

 

 

建機販売およびリース会社の(株)PROEARTH(神奈川県厚木市寿町1-6-14、代表:松井義仁)は2月28日、東京地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、三山裕三弁護士(電話03-3234-2750)が選任されている。

負債額は約151億円。

スポンサード リンク

同社は平成19年9月設立の建機・トラック販売およびリース会社。災害被災地の宮城県と熊本県に営業所を設け事業拡大、平成29年7月の売上高は170億円以上を計上していた。

しかし、平成29年10月大口取引先の(株)日商(土木工事/宮城県仙台市)が経営破綻して焦げ付き、同年12月26日に資金繰りに窮し民事再生を申請、しかし、予定していたスポンサーが下り、再生計画の履行が難しく2月1日再生手続きの廃止決定を受け、破産手続きへ移行していた。

債権者名簿

http://n-seikei.jp/2018/01/proearth-saiken.html

 

既報記事
追報:破綻した(株)PROEARTH (神奈川)/民事再生廃止 破産へ  プロアース

同社は平成29年12月26日、約151億円の負債を抱え東京地方裁判所へ民事再生法の適用申請していた。

しかし、スポンサー候補だった債権者でもある(株)エム・テックが調査に入り、同社に循環取引などの不正取引が発覚、エム・テックがスポンサー候補から降りたため、今回の事態に至った。

PROEARTH破綻では、すでに連鎖して(有)大曲建機が負債額約24億円を抱え民事再生を申請して経営破綻している。

PROEARTHが破産すれば、取引建機メーカーが隠蔽させない限り、循環取引が表面化することになり、循環取引に関係した会社の破綻が懸念される。

債権者名簿

http://n-seikei.jp/2018/01/proearth-saiken.html

スポンサード リンク
[ 2018年3月 1日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ