アイコン (有)ファクトリー(京都)/自己破産へ

 

 

メンズアパレルショップの(有)ファクトリー(京都市中京区高宮町590、代表:加治啓太朗)は5月30日事業停止、事後処理を西村幸三弁護士(電話075-253-2035)ほかに一任して、自己破産申請の準備に入った。

スポンサード リンク

同社は平成9年創業のメンズアパレルショップの「FACTORY」を経営していた。消費不況、少子化、ネット通販の台頭、同業者間の販売競争激化などから販売不振が続いていた。

 

 

 

スポンサード リンク
[ 2018年6月12日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ