アイコン 2017年末の外国人在留滞在者数、2018年初の外国人不法滞在者数

 

 

法務省が27日発表した、2017年末時点の在留外国人数は256万1848人で、前年比7.5%増加。3年連続で過去最高を更新した。
内訳は、中長期在留者数は223万2,026人,特別永住者数は32万9,822人。
国籍別では
中国が最多で73万0890人(前年比5.1%増)、次いで韓国、ベトナム、フィリピンとなっている。
増加率が最も高いのはベトナムの同31.2%増。

法務省によると、過去3年、技能実習や留学などでベトナム側の需要が増えていることが背景という。
全体でも留学や技能実習などの資格で在留する人が増えた。
留学生は前年比12.3%増、
技能実習生は20.0%増。
政府による技能実習生という労働者受け入れ制度が大幅に緩和されたことにより、高い伸びとなっている。
また、構成比は小さいものの、研究者などの高度専門職が105.1%と大幅に増えた。
以上、

スポンサード リンク

<不法滞在者数も増加>
不法滞在者は留学生特に日本語学校の留学生と技能実習生の逃亡が非常に多くなっている。技能実習生の場合、勤務先を変更することが非常に難しく、ろくでもない経営者に雇用された場合、不服では帰国しかなくなる。順法とサービス残業廃止など法整備が必要だ。

今後、日本の暴力団は警察の取り締まり強化により衰退する一方で、中国ギャングとベトナムギャングによる覇権争いが起こりそう。
韓国マフィアの日本での稼ぎはヤクと売春、中国やベトナムのチンピラはネットや電話での詐欺・強盗など凶悪犯も多く、ヒット&母国逃亡。

 

外国人在留滞在者数/法務省
 
2017年12月31日現在
 
国別
滞在者
前年比
構成比
1
中国
730,890
5.1
28.5
2
韓国
450,663
-0.5
17.6
3
ベトナム
262,405
31.2
10.2
4
フィリピン
260,553
6.9
10.2
5
ブラジル
191,362
5.8
7.5
6
ネパール
80,038
18.6
3.1
7
台湾
56,724
7.5
2.2
8
米国
55,713
3.7
2.2
9
タイ
50,179
5.3
2.0
10
インドネシア
49,982
16.6
2.0
 
その他
373,339
 
 
 
合計
2,561,848
7.5
100.0
在留資格別
 
在留資格別
滞在者
前年比
構成比
1
永住者
749,191
3.0
29.2
2
特別永住者
329,822
-2.7
12.9
3
留学生
311,505
12.3
12.2
4
技能実習生(労働者)
274,233
20.0
10.7
5
技術・人文知識・国際業務
189,273
17.5
7.4
6
定住者
179,834
6.5
7.0
7
家族滞在
166,561
11.6
6.5
8
日本人配偶者等
140,839
1.1
5.5
9
特定活動
64,776
37.7
2.5
10
技能
39,177
-1.5
1.5
11
高度専門職
7,668
105.1
0.3
 
その他
108,969
 
4.6

 

都道府県別 上位10
 
 
滞在者
前年比
構成比
うち技能実習
前年比
1
東京
537,502
7.3
21.0
7,382
28.0
2
愛知
242,978
8.3
9.5
28,805
17.6
3
大阪
228,474
5.0
8.9
10,637
25.5
4
神奈川
204,487
6.6
8.0
8,292
24.8
5
埼玉
167,245
9.7
6.5
12,616
25.0
6
千葉
146,318
10.0
5.7
13,362
26.9
7
兵庫
105,613
4.0
4.1
8,741
21.9
8
静岡
85,998
7.7
3.4
10,482
20.6
9
福岡
72,039
10.8
2.8
9,170
37.8
10
茨城
63,491
9.1
2.8
13,841
20.3

 

国別不法滞在者数 2018年1月1日現在
 
不法滞在者数
前年比
構成比
1
韓国
12,876
-2.9
19.4
2
中国
9,390
6.1
14.1
3
タイ
6,768
4.0
10.2
4
ベトナム
6,760
31.6
10.2
5
フィリピン
4,933
-2.9
7.4
6
台湾 
3,784
-2.6
5.7
7
インドネシア
2,076
-6.6
3.1
8
マレーシア
1,784
1.3
2.7
9
シンガポール
1,034
-1.1
1.6
10
ブラジル
976
1.8
1.5
 
その他 
16,117
-2.7
24.2
 
合計
66,498
1.9
100.0

スポンサード リンク
[ 2018年3月29日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ