アイコン 協和製版(株)(福岡)/自己破産へ

 

 

印刷業の協和製版(株)(福岡市博多区神屋町4-5、代表:末松幹生)は6月13日事業停止、事後処理を柴田耕太郎弁護士(電話092-737-3666)に一任して、自己破産申請の準備に入った。

スポンサード リンク

負債額は約1億5千万円。

同社は昭和32年創業の印刷会社。以前は事務所も中央区警固にあり16億円以上の売上高を計上していた。しかし、デジタル化・ペーパーレス化進み販売不振が続き、最近は2億円台の売上高まで減少、資金繰りにも窮するようになっていた。同社は、不動産を売却して現住所へ移転、しかし、業績改善は見られず今回の事態に至った。

 

 

 

スポンサード リンク
[ 2018年6月14日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ