アイコン (有)敷島(宮崎)/自己破産へ 「ウエディングパレス敷島」運営

 

 

結婚式場運営の(有)敷島(宮崎県西都市右松3116-2、代表:長谷川孝次)は6月11日事業停止、事後処理を洲崎達也弁護士(電話0985-89-5022)に一任して、自己破産申請の準備に入った。

負債額は約2億円。

スポンサード リンク

同社は昭和39年創業の結婚式場運営会社。平成9年に結婚式場「ウエディングパレス敷島」を開設して、地域で評判の結婚式場となり、平成19年2月期には約4億円の売上高を計上していた。しかし、その後は少子高齢化の進行、晩婚化で婚礼数も減り続け、消費不況も手伝い結婚式も簡素化され売り上げ不振に。同社は地域の宴会も受注していたが、最近は地域の宴会も不振が続き、経営不振に陥っていた。

スポンサード リンク
[ 2018年6月13日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ