アイコン 瀬下建設工業(株)(秋田)/成り行き注目  ラグビー元日本代表NO8が社長

 

 

地場ゼネコンの瀬下建設工業(株)(秋田市山王中島町10-26、代表:瀬下和夫)は7月9日、2回目の決済ができず銀行取引停止処分を受けた。

負債額は約16億円

今後の成り行きが注目される。

スポンサード リンク

同社は昭和62年3月設立の地場ゼネコン。ラグビー特有の強い人脈により、県内や関東でも受注し、平成27年12月期は約28億円の売上高を計上していた。その後も受注は堅調だったものの平成28年期には経常赤字に、しかも、事業外資金流出が発覚、銀行がそうしたことを嫌い、銀行支援も受けられず、急激に資金繰りに窮するようになっていた。事務所には「事業一時停止のお知らせ」の貼り紙を貼り出している。

成り行きが注目される。

瀬下代表は、明治大学ラグビー部の黄金期を支えた一人で、昭和56年には同部主将、全日本学生代表主将も務め、その後も全日本代表ナンバー8に選出されていた。

 

瀬下建設工業(株)の財務内容と業績 平成28年12月期/千円
流動資産
1,175,571
流動負債
1,100,285
 
 
固定負債
304,507
固定資産
409,876
自己資本
180,655
 
 
(資本金)
218,500
総資産
1,585,447
負債+資本
1,585,447
売上高
粗利益
経常利益
自己資本率
1,713,462
142,674
-12,537
11.3%
・建築と土木半々

 

スポンサード リンク
[ 2018年7月12日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ