アイコン 中国8月の製造業PMI▲0.2P悪化 総合も▲0.1P悪化

 

スポンサード リンク
 

中国の製造業活動を示す指標は8月に悪化した。

9月1日から米国の対中追加関税(3000億ドル/15%//スマホ等一部は12月15日)が発動されるのを控え、中国国内の景気の弱さを裏付ける数字となった。

国家統計局が31日発表した8月の製造業購買担当者指数(PMI)は49.5と、7月の49.7から低下した。
一方、非製造業PMIは53.8と、7月の53.7から上昇。活動拡大・縮小の節目である50を上回った。
総合PMI指数は53.0で、7月は53.1だった。
製造業PMIの新規輸出受注指数は47.2に改善したが、引き続き50を下回った。貿易摩擦が長引く中、中国政府が追加の景気対策を打ち出す必要性を示した。
以上、

米国は10月1日から2500億ドル25%制裁を30%に引き上げるヒアリングを行っている。このままだと引き上げられるだろう。

米国経済が好調だからやりたい放題になっているが、経済が悪化したらそれどころではなくなる。その兆しも指標で現れてきている。2020年11月は米大統領選挙。

トランプのヒステリーで日本の輸出業も大変だぁ。

0902_01.jpg

0902_02.jpg

[ 2019年9月 2日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ