アイコン 中国 日本向けに中距離の空母キラーミサイル発射台設置


香港サウスチャイナモーニングポスト(SCMP)は26日、米国科学者連盟(FAS)の21日の報告書を引用し、中国軍が山東地域の訓練場に「空母キラー」と呼ばれる東風(DF)-26対艦弾道ミサイルの発射台を複数配備したと報じた。FASは衛星写真を通じてDF-26が該当地域で確認されたのは初めてだと伝えた。地上から発射し、4000キロ先を移動する空母や駆逐艦を攻撃できるという優れもの。

中国軍事専門メディア「漢和ディフェンスリビュー」のアンドレイ・チャン編集長はユーチューブで、中国軍のロケット部隊がDF-26発射台約16基を東部山東省青州市(山東半島の内陸付根)のミサイル基地に配備し、西部新疆ウイグル自治区のコルラ(庫爾勒)市にも発射台を配備したと述べた。

スポンサーリンク

チャン編集長は米海兵隊の岩国基地や横須賀海軍基地など在日米軍基地を脅かし、国境紛争があるインドを射程距離に置いたものだと説明した。

しかし、中国軍事専門家の周晨鳴氏はSCMPに、DF-26がコルラ市と青州市に配備されたのは訓練のためであり初めてのことでもないと伝えている。

 

↓「東風 DF 26」空母キラーの最新中距離弾道ミサイル 射程3~4000キロ。

0126_02.jpg

[ 2021年1月26日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧