アイコン N国党の立花党首 脅迫で事情聴取 動画で脅迫か

 

スポンサード リンク
 

NHKから国民を守る党の立花党首は9日夕方、国会内で記者会見を開き、かつて党に所属した東京都中央区の区議会議員に対する動画での脅迫の疑いで警察から事情聴取を受けたことを明らかにした。

そのうえで立花氏は「いま直ちに辞めることはしない。有罪になったら辞めないといけないだろうとは思っている」と述べ、罰金刑や執行猶予がついた場合も含めて有罪が確定すれば参議院議員を辞職する意向を示した。

また、立花氏は「こういうことをする人間が国会議員でいるべきなのかということについて、世論にどう思われるかもあるので、しっかり世論の声を聞き、辞めないといけないとなれば潔く辞める」と述べた。

一方で、議員という公人間の問題は、言論で解決すべきだとして、問題の動画が脅迫に該当するかどうかを弁護士と相談するとしている。

以上、

議員ならば、脅迫してもいいという論理は、議員以前の問題。国会の会議中ならば許されるようであるが、別途、懲罰委員会がある。

NHKを敵に回して奮戦している御仁、揚げ足取られれば致命傷になる。揚げ足を取られないように留意すべきだ。

 

[ 2019年9月10日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ