アイコン 菅首相の子飼いだった河井前法相、弁護士全員解任

 

スポンサード リンク
 

河井克行前法務大臣が公職選挙法違反の罪に問われ無罪を主張している裁判で15日、河井氏が弁護士全員を解任し、最後のとんでもない抵抗を見せている。

当裁判は「百日裁判」で行われているが当面、裁判を開けなくなる可能性が出てきている。

法の抜け道を悪用する前法務大臣、河井妻の選挙に1.5億円の選挙資金を持たせたり、法務大臣にしたりした官房長官時代の菅首相。

素知らぬ顔をせず潔く罪を認めさせるのも満面の笑みを浮かべる菅新首相の責任ではないだろうか。罪が確定するまで、失職するまで税金が原資の議員報酬=歳費が夫婦に支払われ続ける。2人で年間4千万円以上になる。

[ 2020年9月15日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産