アイコン 通販「トラスト」の痩身ガードル「ヴィーナスカーブ」、痩せません

 

スポンサード リンク
 

消費者庁は20日、着用するだけで著しい痩身効果が得られるかのようにうたった女性用下着には根拠がないとして、通信販売業「トラスト」(東京都新宿区)に対し、景品表示法違反(優良誤認)で再発防止などを求める措置命令を出した。
2018年5月の発売以降、全国の消費生活センターなどに約300件の苦情が寄せられたという。

同庁によると、対象となった商品は「ヴィーナスカーブ」(ガードル)と「ヴィーナスウォーク」(ソックス)の2種。
同社ウェブサイト上で、「人間工学に基づいた設計により、はくだけでダイエットを実現!」などと宣伝していた。
同庁が根拠資料を求めたところ、資料は提出されたが、表示を裏付けるとは認められなかったという。
同社は同庁の聞き取りに「他社の商品の広告を参照したら過激になってしまった。景表法の知識が不足していた」と説明しているという。

<違反行為者の概要>
名称:株式会社トラスト
所在地:東京都新宿区西新宿七丁目17番3号-202
代表者:代表取締役:田岡春幸
設立年月:平成29年12月
資本金:300万円(令和元年9月現在)

以上、
こうした痩身下着を販売している通販やねずみ公式販売会社がいっぱいあるのに、消費者庁はどうして消費者に対して注意喚起しないのだろうか。裏表の政治献金=ロビー活動費がものを言っているのだろうか。

0921_02.jpg

[ 2019年9月22日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ