アイコン 中野区の電話転送会社「SLOPE UP」に是正命令 詐欺転送

 

スポンサード リンク
 

総務省は21日、電話の転送サービスを行っている東京都中野区中央2-30-9の電話転送会社「(株)SLOPE UP」(代表:今泉太地)が、顧客の本人確認を十分にしていなかったとして、取引時確認義務違反、確認記録の作成義務違反による犯罪収益移転防止法に基づく是正命令を出した。

「SLOPE UP」は、詐欺グループの電話を転送していたということで、電話の転送業者に是正命令が出されるのは全国初。

顧客の氏名や住所、職業などの確認を十分行わないなど、犯罪収益移転防止法で定められた義務にたびたび違反していたという。

電話の転送サービスは、携帯電話からでも相手の電話機に「03」などで始まる番号を表示させることができ、高齢者をねらった詐欺グループなどが悪用している。

これまでの警察の捜査でこの業者は詐欺グループの電話を転送していたことが分かっていて、総務省が実態を調査していた。

総務省によると、業者は「法律に対する認識が不十分だった」などと話しているという。

総務省は今後も警察などと連携して悪質な業者への指導を強めることにしている。

以上、総務省・報道参照

[ 2019年11月22日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産