アイコン UACJ 22年までに2000人削減へ 日光製造所閉鎖 深谷製造所も一部停止

 

スポンサード リンク
 

アルミ加工国内最大手のUACJ(2013年10月、古河スカイ+住友軽金属の経営統合会社/世界第3位)は、米政権の日本に対する鉄鋼・アルミ制裁や米中貿易摩擦の影響で、アルミ材の需要が減少し業績が悪化していることを受け、2022年度までに国内外の拠点でグループの従業員の約15%にあたる2000人規模の人員を削減すると発表した。

UACJは、米中貿易摩擦による中国経済の減速の影響で、半導体製造装置向けを中心にアルミ材の需要が減少し業績が悪化していることから、財務体質を改善するため構造改革に乗り出すことになった。
それによると、生産拠点の集約を進め栃木県日光市の日光製造所を2021年度以降に閉鎖するほか、埼玉県深谷市の深谷製造所も一部の生産工程を停止するとしている。

なお、日光製造所は1933年操業開始のUACJ最古工場で精密特殊材主体の仕上加工工場、従業員255名。
深谷製造所は、1967年操業開始の板圧延専業工場、従業員650人

この2つの拠点については従業員の再配置を検討するとしている。

UACJは、今年6月、民間ファンドに子会社の銅管事業(愛知県豊川市大木町新道100)を売却することを決めたが、これに伴う従業員700人の削減も含め、2022年度までに国内外でグループの従業員のおよそ15%にあたる2000人規模の人員を削減する。

一方で、今後成長が見込まれる自動車向けのアルミ材やアジアを中心としたアルミ缶材の事業に力を入れ、収益力を高めたいとしている。

<<UACJグループ製造拠点>>
<板事業>

名古屋製造所 - 愛知県名古屋市港区千年3丁目1-12
福井製造所 - 福井県坂井市三国町黒目21-1
深谷製造所 - 埼玉県深谷市上野台1351
日光製造所 - 栃木県日光市清滝桜ケ丘町1
<押出事業(UACJ押出加工)>
小山工場 - 栃木県小山市大字土塔560
群馬工場 - 群馬県伊勢崎市粕川町1670
滋賀工場 - 滋賀県近江八幡市長福寺町172
名古屋工場(名古屋製造所内) - 名古屋市港区千年3-1-12
安城工場 - 愛知県安城市北山崎町築地1
<箔事業(UACJ製箔)>
野木工場 - 栃木県下都賀郡野木町若林55
伊勢崎工場 - 群馬県伊勢崎市粕川町1670
滋賀工場 - 滋賀県草津市山寺町笹谷61-8
<加工品事業(UACJ金属加工)>
仙台工場 - 宮城県柴田郡柴田町上名生明神堂11-1
深谷工場(深谷製造所内) - 埼玉県深谷市上野台1351
成田工場 - 千葉県成田市新泉11-2
恵那工場 - 岐阜県恵那市長島町久須見18-1
滋賀工場 - 滋賀県湖南市小砂町1
大阪工場 - 大阪市淀川区田川3-8-39
広島工場 - 広島県安芸高田市高宮町佐々部1368-1
<鋳鍛事業(UACJ鋳鍛)>- 栃木県小山市大字土塔560
売却<銅管事業(UACJ銅管)>- 愛知県豊川市大木町新道100

↓閉鎖されるUACJ最古の日光製造所
1001_01.jpg

 

UACJ業績推移と今期予想
連結/百万円
17/3期
18/3期
19/3期
20/3予
売上高
568,316
624,270
661,330
670,000
営業利益
25,869
29,205
14,868
10,000
  同率
4.6%
4.7%
2.2%
1.5%
経常利益
19,819
19,408
6,201
4,000
当期利益
8,715
12,253
1,116
 
総資産
725,443
774,191
807,224
 
自己資本
184,090
194,235
190,998
 
資本金
52,277
52,277
52,277
 
有利子負債
323,824
342,337
375,081
 
自己資本比率
25.4%
25.1%
23.7%
 
悪化原因
・国策による消費低迷における国内需要の頭打ち
2018年3月、トランプ米政権の日本の鉄鋼・アルミ制裁
・米中貿易戦争激化による中国需要低迷


 

[ 2019年10月 1日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ