アイコン アパレルのワールド358店舗閉鎖へ

 

スポンサード リンク
 

アパレル大手のワールドは5日、今年度中に国内の358店舗(全店舗数は2246店舗)を閉店すると発表した。

新コロナの感染拡大を受け、売上高が激減し収益が一段と悪化していることによるもの。200人程度の希望退職者も募る。構造改革を進め、収益改善を急ぐ。

新コロナの収束が見通せず、同社は採算の悪いブランドの廃止に加え、店舗・人員の整理が必要と判断した。

収益改善が見込めない、若い世代向けの「アクアガール」や「オゾック」など五ブランドについて販売を終了する。このほかのブランドについても絞り込んでいくという。

ブランド廃止や収益性の低い店舗の整理などで計358店を閉店する。

9月には40歳以上の社員を対象に、約200人の希望退職者を募集する。

鈴木信輝社長らの役員報酬を月額で最大30%減額し、2021年3月期の賞与は支給しない。

4~7月の売上高は前年同期間比58.9%だが、店舗売上高は50.3%半減、eコマースは好調で138.7%となっている。


スクロール→

ワールド 第1四半期 IFRS決算

連結/百万円

売上高

営業利益

←率

勢前利益

株主利益

20/3期Q1

59,990

8,713

14.52%

8,506

6,609

21/3期Q1

32,994

-3,184

 

-3,410

-2,409

211201

-45.0%

 

 

 

 

21/3期予想

199,200

-6,780

 

-7,780

-6,045

203月期

236,265

12,314

5.21%

11,401

8,038

21期予/20期比

-15.7%

 

 

 

 

19/3

249,861

14,827

5.93%

13,596

9,200

18/3

245,829

13,225

5.38%

11,144

6,743

 

[ 2020年8月 6日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  


PICK UP


PICK UP - 倒産