アイコン 中国の1~8月の上海の工業営業利益▲19.6%減 全国は▲1.7%減、

 

スポンサード リンク
 

中国浙江省統計局がこのほど発表した統計では、中国の1~8月の全国工業部門企業利益(=総利益=営業利益)は、前年同期比▲1.7%減で、そのうち、上海、北京、山東省は2桁の▲=マイナス成長となった。

特に、中国最大の経済都市である上海の工業利益が2割近く鈍化したことは大きく注目された。

同省統計局のウェブサイト、「浙江統計信息網」が9月30日、「1~8月の浙江工業部門企業利益の伸び率は全国平均を上回った」と題する記事を掲載した。これによると、同期で、「全国平均の▲1.7%減を上回った」。さらに、同記事は中国東部の7省・市の工業利益がマイナス成長になったと明らかにした。

上海は▲19.6%減、

北京は▲14.4%減、

山東省は▲13.0%減

河北省は▲11.2%減、

天津は▲5.8%減、

江蘇省は▲3.5%減、

広東省は▲0.4%減

浙江省は+2.8%増

だという。

すでに、ウェブサイトは消されたという。

 

大票田の沿岸主要省と市、内陸部は重慶、成都など除けば大手企業は、地方政府の国営企業が多く、粉飾報告する度合いが高くなる。その結果、全国では▲1.7%減で納まっていると見られようか。それとも国営企業は別のくくりになっているのだろうか。

中国国家統計局によるとも、1月~8月の累計値で、鉱業の総利益は前年同期間日2.1%増の3,807億元。製造業の総利益は▲3.2%減で3305億減。中でも自動車は▲19.0%減。電力、熱、ガス、水生産および供給産業の総利益は11.0%増の3,311億元となったとしている。

[ 2019年10月13日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ