アイコン 米から見捨てられたクルド族 シリア政府と組む トルコ攻撃に耐えかね

 

スポンサード リンク
 

シリア政府軍は国内北東部への展開を開始し、トルコ国境付近へと進軍した。
米軍のシリア撤退決定で見捨てられた格好となったクルド人武装勢力は、アサド政権と手を組んだ。
トルコのエルドアン大統領は、クルド人勢力を国境付近から押し戻し難民を再定住させるためトルコ軍のシリア侵攻が必要だったと説明している。
だが、この侵攻は国際的な非難を浴び、米国と欧州連合(EU)は制裁をちらつかせている。

クルド人勢力は過激派組織 「イスラム国」(IS)の掃討で米軍と共に戦った。
ただ、トルコ軍の侵攻を受けてIS戦闘員を確実に収容所にとどめておくことがもはやできないかもしれないと警告した。
IS戦闘員の中には欧州出身者もおり、出身国政府は受け入れを望んでいない。

トランプ米大統領は14日、ツイッターで「トルコに対する大型制裁」が実施されるとあらためて述べつつ、撤退の決定を擁護し、米国は「200年も相争っている人々と一緒になって別の戦争を始める」ことはないと話した。

トランプがこのコメントを発した後、トルコの代表的な株式指数は下げを広げ、一時▲5.7%安となった。

トランプは、トルコがシリアへ越境しクルド人を攻撃するならば、破壊的な経済制裁を行う発表していたが、まだ何も行っていない。
EUはトルコに対して、武器輸出制限を行った。しかし、禁輸措置ではない。
トルコは、クルド人攻撃について、トルコで受け入れているシリア難民をシリアに送り返す場所の確保だと、真の目的であるクルド人武装組織の一掃をはぐらかせている。

トルコはNATO加盟国、ロシアから最新のS400迎撃ミサイルの導入を図っている。
シリアはロシアとイランの関与で体勢を立て直し、かって欧米やアラブ連合国が支援してきた自由シリア軍は支配地をほとんど失っている。
クルド族とトルコ民族は相容れない存在、欧州の列強諸国が中東を植民地をし、戦後、放棄するときに、自らのその後の利権のみを追及し、イラン北部・イラク北部・トルコ北部にまたがる3千万人のクルド族の生活圏を、独立させなかったことにすべての悲劇の始まっている。

[ 2019年10月15日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ