アイコン アルミと鋼板の異材接合 世界初のアーク溶接機販売へ ダイヘンと古川電工共同開発

 

スポンサード リンク
 

ダイヘンは、古河電気工業と共同で、従来溶融接合が困難であったアルミニウム合金と亜鉛めっき鋼板の異材接合において品質・信頼性が高い接合を実現するレーザ・アークハイブリッド溶接システムを開発、20年1月よりダイヘンを窓口として販売を開始すると発表した。

自動車業界では、CO2排出量削減を目的とした車体軽量化(燃費向上)のため、軽量素材の筆頭となるアルミと高強度な鋼板を高品質に接合できる溶接技術が求められていた。
しかし、アルミと鋼板の異材接合においては、融点や熱伝導率といった材料特性の違いにより、アーク溶接や抵抗スポット溶接といった溶融溶接の適用が困難とされていた。

また、溶融溶接では母材への入熱が高くなることにより接合部に脆弱な金属間化合物(IMC)が生成される。IMCを減らすために入熱を下げると十分な接合強度を有するビード幅を形成することが出来なかった。これらのことから、溶接による異材接合で実用的な強度を確保することは実質的に不可能とされてきた。

そのため、従来からアルミと鋼板の接合にはリベットや接着剤が用いられる他、接合部分を溶融させない固相接合を中心に、新接合技術の研究開発が進められてきた。しかし、それらの接合方法は、強度や信頼性に課題があるだけでなく、大掛かりな設備や治具、特殊な接合部材の使用や複雑な接合工程が求められるため、ランニングコスト面でも課題があった。

これらの課題を解決するため、アーク溶接にダイヘン独自のアルミ溶接用の電流波形制御技術と、精密な入熱制御が可能な古河電工のレーザ技術を組み合わせた独自の溶接・接合システムを製品化した。
以上、リリース参照

自動車用鋼材のマテリアル革命になるかも・・・。

 

[ 2019年12月 3日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産