アイコン 11月の訪日客数▲0.4%減、韓国除けば19.9%の大幅増 韓国特集

 

スポンサード リンク
 

内閣府観光局が発表した2019年11月の訪日外客数は、前年同月比0.4%減の244万1千人。2018年11月の245万1千人を約1万人下回り、2ヶ月連続で前年同月を下回った。

これは、訪日外客数が多かった韓国の官民上げてのボイコットジャパンによる減速で、前年同月比▲65.1%減が、訪日外客数全体が前年同月を下回る要因となった。
ただ、韓国市場を除く19市場では、前年同月を19.9%と大幅に増加した。特に、中国からの訪日外客数が前年同月に比べ13万4千人増え、東南アジア市場は前月に続き全市場で前年同月比が2桁の伸びを記録するなど、引き続き堅調に推移している。
 
市場別では、韓国を除く19市場(中国、台湾、香港、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム、インド、豪州、米国、カナダ、英国、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、スペイン)で11月としては過去最高を記録した。
欧米豪市場を中心に訪日外客数が増加したラグビーワールドカップ2019日本大会を受けて、訪日機運が高まる中で、市場動向を綿密に分析しながら、訪日旅行プロモーションに取り組んでいくとしている。
以上、
2019年11月の外国人訪日客数 国別/JNTO
2019
11
1~11月累計
 
客数
前年比
客数
前年比
シェア
総数
2,441,300
-0.4%
29,355,700
2.8%
100.0%
中国
750,900
21.7%
8,884,100
14.2%
30.3%
台湾
392,100
11.4%
4,542,300
2.7%
15.5%
香港
199,700
19.4%
2,041,200
2.1%
7.0%
韓国
205,000
-65.1%
5,336,600
-22.2%
18.2%
タイ
140,300
36.3%
1,154,000
15.0%
3.9%
シンガポール
65,300
20.3%
391,800
11.9%
1.3%
マレーシア
65,000
17.1%
423,400
5.7%
1.4%
インドネシア
37,200
15.9%
353,600
3.1%
1.2%
フィリピン
64,800
38.0%
531,600
18.6%
1.8%
ベトナム
41,900
23.3%
464,400
27.4%
1.6%
インド
14,900
12.3%
164,200
14.2%
0.6%
オーストラリア
48,300
21.2%
549,100
12.3%
1.9%
米国
149,000
17.3%
1,579,400
12.8%
5.4%
カナダ
33,300
20.5%
340,100
12.4%
1.2%
英国
37,700
37.5%
396,500
27.5%
1.4%
フランス
24,300
10.2%
316,100
10.1%
1.1%
ドイツ
19,500
5.2%
222,900
9.9%
0.8%
イタリア
12,400
6.7%
151,600
7.4%
0.5%
スペイン
10,500
18.8%
122,900
8.8%
0.4%
ロシア
13,100
41.3%
111,100
25.5%
0.4%
その他
116,100
22.3%
1,278,800
14.9%
4.4%
 
<韓国特集>
憤怒症候群の高まりは、ボイコットジャパンに止まらず、嫉妬心から自国の芸能人タタキに至っている。そのネットの攻撃の刃は日本でも活動していた元「KARA」のク・ハラにもおよび自殺に追い込んだ。TWICEも警察に警護を依頼する事態に至っている。
最近ではNOジャパンと日本を完全に否定してきている韓国の朝鮮日報である。
8月から11月までの4ヶ月間の減少幅は▲59.2%減、月平均訪日客数は22万8千人、来年の韓国からの訪日客数は月22万8千人がベースとして計画する必要がある。年間では273万人、2013年頃の数値と思えばよいだろう。
 
元々韓国からは個人客の若い客が多く、仕事に疲れ、気分転換や癒しを求めて気楽に来ていた人たちが大勢を占めていた。訪日すれば犯罪者扱いされるこん日の風潮に大喜びする憤怒症候群の文大統領や青瓦台であるが、韓国民は気分転換できず、イライラが増し、鬱病や憤怒症候群の患者が増し、このままでは韓国民は文大統領の操り人形にされてしまうことになる。日本でなくても外国へ出かけて欲しいものだ。75%が移民したいと考えている韓国人、何か悲しすぎる。
 
税金を使用する日本のプロモーション活動、去るものに対し無駄な努力はせず、見込みもある国へのプロモーション活動をさらに強化すべきだ。
台湾が一生懸命、日本で観光客誘致のプロモーション活動をしている。

 

悲しい韓国は日本にとってカントリーリスク国
韓国からの訪日客数
日本からの訪韓客
 
2018年
2019年
2019年
 
訪日客数
前年比
訪日客数
前年比
訪日客数
前年比
1月
803,816
28.5%
603,400
-5.8%
206,526
23.6%
2月
708,318
18.1%
566,600
-11.3%
213,200
26.7%
3月
619,196
26.8%
585,600
-5.4%
375,119
27.4%
4月
638,523
15.1%
715,800
1.1%
290,092
35.7%
5月
640,365
14.6%
779,400
-3.6%
286,273
26.0%
6月
606,162
6.6%
611,900
0.9%
286,883
20.0%
7月
607,953
-5.6%
561,700
-7.6%
277,297
19.2%
8月
593,941
-4.3%
308,730
-48.0%
329,652
4.6%
9月
479,733
-13.9%
201,200
-58.1%
251,119
1.3%
10月
571,176
-8.0%
197,300
-65.5%
248,541
-14.4%
11月
588,213
-5.5%
205,000
-65.1%
 
 
12月
681,566
0.4%
 
 
 
 
年計
7,538,952
5.6%
5,336,630
-22.2%
2,764,702
 
韓国
客数
前年比
備考
2008年
2,382,397
-8.5%
リーマン・ショック
2009年
1,586,772
-33.4%
2010年
2,439,816
53.8%
 
2011年
1,658,073
-32.0%
東日本大震災
2012年
2,042,775
23.2%
李大統領竹島上陸で日韓問題に火
2013年
2,456,165
20.2%
 
2014年
2,755,313
12.2%
 
2015年
4,002,193
45.3%
韓国MERS
2016年
5,090,300
21.8%
 
2017年
7,140,165
40.3%
北朝鮮ミサイル乱射・核実験
2018年
7,538,952
5.6%
文経済失策・青年層の失業率悪化
2019年
 
 
ボイコットジャパン、NO-JAPAN
・JNTOと韓国観光公社・法務部などの資料

 

[ 2019年12月20日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

JCNET注目記事!

ピックアップ倒産情報



PICK UP


PICK UP - 倒産