sponsored

那覇市内の10の認定こども園で出されている給食に、昨年度以降、異物の混入が見つかる問題が相次ぎ、ことし7月までに34件に上ることがわかった。

これまでに、健康への影響を訴える園児はいないが、いずれも那覇市が委託した豊見城市の民間業者が調理していて、市は再発防止を図ることにしているという。

以上報道より参照

 

異物は、プラスチック片、塗料片や小さいハエや、髪の毛などが見つかっているとのこと。

異物混入の業者はバラバラではなく、すべての給食が、市が委託した豊見城市の民間業者。

市は再発防止を図ることにしているというが、半年以上となるとそれだけでいいのだろうか。

 


こども園の給食で異物混入相次ぐ

那覇市内の10の認定こども園で出されている給食に、昨年度以降、異物の混入が見つかる問題が相次ぎ、ことし7月までに34件に上ることがわかりました。
これまでに、健康への影響を訴える園児はいないということですが、いずれも那覇市が委託した豊見城市の民間業者が調理していて、市は再発防止を図ることにしています。