sponsored

米カリフォルニア州で相次いで発生している山火事によって、ロサンゼルス北郊では25日までに住民4万人超、同州北部のワイン産地ソノマ郡でも約2000人が避難を強いられる事態となっている。
消防当局によると、ロサンゼルスから約64キロ北上したサンタクラリタで24日発生した火災によって約4000エイカー(16平方キロメートル)の土地が焼き尽くされ、鎮火されたのは5%程度という。

また、23日夜に山火事が発生したサンフランシスコの北約120キロにあるソノマ郡ガイザービルでは約1万6000エイカー(65平方キロメートル)の土地が焼かれた。

出火原因は特定されていないものの、電力会社パシフィック・ガス・アンド・エレクトリック(PG&E)が保有する送電塔の損傷した底部付近から発火した可能性があるとみられている。
以上、

この季節は、大陸内陸部からロッキー山脈を太平洋へ吹き降ろす乾燥した強い風が吹き、老朽化した電線の鉄塔を傷めたり電線などが切断されたりして火災が発生するという。
利益だけを追求する自由化された電力会社の問題が改めて問題となっている。

1026_01.jpg