sponsored

NTT都市開発は13日、2020年春の開業に向けて旧京都中央電話局跡地(京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2外)で開発を進めている「新風館再開発計画」において、この度施設名称を「新風館」とし、出店テナントなどの施設構成概要を決定したと発表した。

本施設は、名称や歴史的建築物である旧京都中央電話局の外観はそのままに、「『伝統』と『革新』の融合」というこれまでのコンセプトを承継し、新たな付加価値を随所に取り入れながら開発を進めている。ミニシアター「アップリンク京都」をはじめ、関西初出店や新業態のショップ&レストランを含む全20店舗の商業ゾーン、ポップアップスペース、そして「エースホテル京都」からなっている。

(「新風館」公式サイトURL:https://shinpuhkan.jp/

1114_04.jpg