湖北省武漢市で相次ぐ新型コロナウイルスによる肺炎について、英インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究チームは、感染者が中国当局の発表の30倍近い1700人に達しているとの見方を示した。人口などのデータを加えた推計という。英BBC放送が18日伝えた。

中国当局は1月7日、新型コロナウイルスについて、昨年末までに59人が感染したと発表している。
その後、武漢当局は1月13日、新たに感染者が13人増加し、感染者は計62人になったと発表した(完治した人を除いた数値?。13日までに19人が完治し退院したという。計算が合わない)と発表した。これまでの死者数は2人。

BBCによると、研究チームの1人は「1週間前と比べると、懸念がかなり増している。ヒトからヒトへの感染が相当数あり得る可能性について、これまで以上に真剣に考慮すべきだ」と述べた。

sponsored

中国では、ネット上で、海外でも発生しているのに(いずれも中国人)、中国は武漢だけしか発生しないのかという疑問の声が上がっている。

香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは18日、中国・上海市と広東省深セン市で少なくとも3人が新型コロナウイルスに感染した疑いがあると報じた。
感染が確認されれば、中国では湖北省武漢市以外で初の事例となる。
同紙によると、深センで少なくとも2人、上海で1人が感染した可能性があり、深センの2人は専門病院で隔離治療を受けているという。詳しい病状は不明。

日本でも中国籍の中国人が武漢から日本へ帰国し発症、完治・退院してから発表された。インバウンドに影響しないように配慮した結果だろう。
タイでも、中国人旅行者2人が発症したことが報じられている。