最近、日本人ばなれした輩が渋谷の街頭などを徘徊しては「金ださないと電車に乗るぞ~「金出さないならストするぞ~」とか、なんとも外人チックなデモがあっているが、あれをアベガ~デモというんだそうです。

政府は国民一人一人に一律10万円を配ること決めたようだ。

「金出さないなら外でるぞ~」と叫んでる日本人ばなれした人達が、もし日本人としたら、彼らも権利はあるし念願叶って10万円を貰えるようだ。

日本人には似ていても日本人ばなれした外国人は貰えないようだし、くれてやる必要もない。

きょうも、fbから 裏 アキヒコさんの投稿を紹介する。

 

sponsored


 裏 アキヒコ
https://www.facebook.com/jyomaura

4月16日 17:03

【 誰が言い出しても実現すればそれで良い 】

国民すべてに10万円配る?

まあそれはそれで良いのでは?

しかし安倍総理も大変ですね。

いや本当に大変だと思いますよ。

安倍総理の基本的なやり方、もう皆さんとっくにお分かりですよね。

何か国民受けの良いドラスティックなことを総理はあえて独断でやらないのです。

もちろん常にそうとは限りませんけど、麻生さんだとか菅さんだとか、または公明あたりに譲ってあげる。

たとえば公明党の山口代表が総理に強く要求して実現したことにする。

ようするに手柄を譲ってあげるわけです。

自分ひとりが良い格好をしようとせず、周囲の人たちの顔を立ててあげる。

これこそが安倍総理の求心力の秘訣であり短期間にトランプの信頼を得たポイントのひとつなんじゃないかな?

総理はたぶん、国民が何を思っているか、何を望んでいるか、それなりに分かっている。

しかし自分から独断で応えたりしない。

誰かが言い出すのをじっと待っている。

誰かが言えば「それ良いね!」と乗り気になる。

場合によっては以前から構想し準備を進めていた画期的なプランを惜しげもなく他人に譲ってあげたりもする。

トランプ大統領が推進しているインド太平洋構想なんかまさにそうですよね。

ようするに幼稚な「ワシがワシが」の対極なのです。

良いことが実現すればそれで良い。

あえて自分が言い出しっぺにならなくても良い。

育ちの良さもあるんでしょうか、どうもそういう感じの人みたいに思えます。

今回の10万円もその類かどうかは不明です。

しかしその可能性は大いにあるよねー、というふうに私なんかは見ています。

いくら自分ひとりが国民受けが良くても、周囲の協力がなければ安定した政権運営は不可能ですからね。

安倍政権がなにゆえ長期政権になっているか?

国民受けが良いということもありますが、何より身内の造反や離脱がとても少ない。

出会う人出会う人を味方にしてしまう。

凄い人心掌握術だと思うのですが、総理はたぶん、嫌味もなくそれができる人なんだろうなと思うのです。