日産は22日、新型コロナウイルス大流行によって休止しているスペイン・バルセロナ工場の生産を5月4日から再開すると発表した。

また、英国サンダーランド工場では今週から従業員約50人が安全対策に基づく試運転を開始するとした。

操業の全面的な再開時期は明確にしていない。同工場は従業員約6000人を抱える。

日産のスペインでの生産は3月13日、英国は同17日にそれぞれ停止していた。

sponsored



スクロール→

新コロナ 5ヶ国比較 4月22日現在/ワールドメーター版

   

ドイツ

スペイン

イギリス

日本

韓国

累計感染者数

150,062

208,389

133,495

11,992

10,694

累計死亡者数

5,250

21,717

18,100

298

238

  致死率

3.50%

10.42%

13.56%

2.48%

2.23%

隔離解除者数

99,400

85,915

-

1,424

8,277

現在感染者数

45,412

100,767

115,051

10,270

2,179

 現在感染者率

30.3%

48.4%

86.2%

85.6%

20.4%

検査数

1,728,357

930,230

558,935

124,550

577,959

陽性確率

8.7%

22.4%

23.9%

9.6%

1.9%

百万人当り検査数

20,609

19,896

8,248

985

11,273

人口/万人

8,300

4,650

6,640

12,620

5,180

・イギリスは危険すぎる集団免疫計画を採用したもののその後修正し、急激に検査数を増加させている。日本は結果、集団免疫政策に近い政策を講じている。

・ドイツ、スペイン、韓国は感染者の接触者を最大限感染検査して隔離し、すでに収束過程にある。

・あちこちで爆発的な感染者を出していない日本と韓国、BCG接種の関係が取りざたされている。致死率も少ない。ただ、日本は感染検査をさらにコントロールし、重症率を上げる政策を講じており、今後増加するものと見られる。