4月7日に7都府県に発令され、4月16日に全国へ拡大された緊急事態宣言は、確実にその効果が現れている。

4月29日~5月5日のここ1週間で感染者発生件数が0だった県が16県、0~5人以下は29県と大幅に感染者数を発生させる県が減少している。

全体でも4月22日~28日までと比較した発生件数は▲37%減少、ピークの4月8日~14までの3,667人から▲59.6%も減少している。

国民・事業者は大変だろうが、感染検査を10倍20倍にしない国の政策では、緊急事態宣言だけが唯一確実に減少させる手段であり、国民はさらに意識して守るしかない。

発生件数が少なくなった県は、感染者の接触者を、感染者がなんらか発症した日の2日前から最大限あぶりだし、全員に感染検査を実施することで、無発症感染者や無自覚発症者を見つけ出し、隔離することで、ウイルスを街中から根絶やしにすることが望まれる。
最近の北海道の例を見るまでもなく、健康観測措置などもってのほか。

sponsored


また、余裕があれば、大学病院や町医者と連携し、新コロナ以外の患者に対して、地域別に抗体検査を行えば、これまでの感染状況も把握でき、今後の対策にも生きてくる。

感染検査において国に従えば、県民は不安から解消されない。ドライブスルー検査所を3月20日、国内で最初に設置した新潟県、その後、各地に開設され、厚労省は4月17日になり、現実から逃げられず、設置から1ヶ月後にやっと追認した。本来、設置を推奨するくらいの厚労省の力量が必要だが・・・。
抗体検査機器も性能がどうじゃらこうじゃらと承認してこなかったが、欧米で実施され、何の説明もなく、適当に承認している。
短時間PCR検査機器にしても、島津製作所も杏林製薬製も4月初めに投入予定であったが、20日以降になった。2月17日の段階から医療崩壊を懸念して全国一律感染検査に厳しい制限を設けさせ、感染検査を受けさせないとんでもない厚労省と専門家会議(少し緩和するようだ・・・)。
 


スクロール→
大きな緊急事態宣言の効果
4/29~5月5日
発生件数
都道府県
0人
16
34.0%
1人
6
12.8%
2人
3
6.4%
3~5人
4
8.5%
6~10人
5
10.6%
11~50
8
17.0%
51~99
1
2.1%
100以上
4
8.5%
発生件数での比率
4/29~5/5
発生件数
シェア
東京+大阪
786
53.1%
特地7都府県
1,108
74.9%
特地6道府県
269
18.2%
特地13都道府県
1,377
93.0%
ほか34県
103
7.0%
全体
1,480
100.0%
発生件数1週間 (木~水)比較
 
発生件数
前週増減率
4月29~5月5日
1,480
-37.1%
4月22~4月28日
2,353
-30.2%
4月15~4月21日
3,371
-8.1%
4月8~4月14日
3,667
64.7%
4月1~4月7日
2,227
114.8%
 

スクロール→
  
5日
4日
5/3日
5/2日
5/1日
全国
15,374
15,253
15,078
14,877
14,571
 
前日比
121
175
201
306
266
1
東京都
4,712
4,654
4,568
4,477
4,317
  前日比
58
86
91
160
165
2
大阪府
1,686
1,679
1,666
1,656
1,639
  前日比
7
13
10
17
14
3
神奈川県
1,121
1,107
1,097
1,074
1,038
  前日比
14
10
23
36
15
4
埼玉県
909
903
898
886
865
  前日比
6
5
12
21
5
5
千葉県
858
857
852
847
841
  前日比
1
5
5
6
6
6
北海道
891
879
848
823
790
  前日比
12
31
25
33
23
7
兵庫県
674
668
668
655
651
  前日比
6
0
13
4
5
8
福岡県
649
648
647
647
644
  前日比
1
1
0
3
3
9
愛知県
498
495
492
490
490
  前日比
3
3
2
0
3
10
京都府
338
334
331
329
324
 
  前日比
4
3
2
5
4
11
石川県
268
267
264
260
254
 
  前日比
1
3
4
6
3
12
富山県
216
213
212
209
203
 
  前日比
3
1
3
6
3
13
茨城県
168
167
165
165
165
 
  前日比
1
2
0
0
2
15
岐阜県
150
150
150
150
149
 
  前日比
0
0
0
1
0
14
広島県
165
165
161
160
159
 
  前日比
0
4
1
1
4
16
群馬県
146
146
146
146
146
 
  前日比
0
0
0
0
0
17
沖縄県
142
142
142
142
142
 
  前日比
0
0
0
0
0
18
福井県
122
122
122
122
122
 
  前日比
0
0
0
0
0
19
滋賀県
97
97
95
95
95
 
  前日比
0
2
0
0
0
20
宮城県
88
88
88
88
88
 
  前日比
0
0
0
0
0
21
奈良県
88
87
87
86
86
 
  前日比
1
0
1
0
3
22
福島県
79
78
78
75
74
 
  前日比
1
0
3
1
1
23
新潟県
78
77
77
77
77
 
  前日比
1
0
0
0
2
24
高知県
74
74
74
74
74
 
  前日比
0
0
0
0
0
25
静岡県
73
73
73
73
73
 
  前日比
0
0
0
0
1
26
長野県
72
72
70
70
66
 
  前日比
0
2
0
4
0
27
山形県
69
69
68
68
68
 
  前日比
0
1
0
0
0
28
和歌山県
62
62
62
62
62
 
  前日比
0
0
0
0
0
29
大分県
60
60
60
60
60
 
  前日比
0
0
0
0
0
30
山梨県
56
56
56
55
54
 
  前日比
0
0
1
1
1
31
栃木県
54
54
54
54
54
 
  前日比
0
0
0
0
0
32
愛媛県
48
48
48
47
47
 
  前日比
0
0
1
0
0
33
熊本県
47
47
47
47
47
 
  前日比
0
0
0
0
0
34
三重県
45
45
45
45
45
 
  前日比
0
0
0
0
0
35
佐賀県
45
45
44
42
42
 
  前日比
0
1
2
0
1
36
山口県
37
36
35
34
34
 
  前日比
1
1
1
0
2
37
香川県
28
28
28
28
28
 
  前日比
0
0
0
0
0
38
青森県
26
26
26
26
26
 
  前日比
0
0
0
0
0
39
島根県
24
24
24
23
23
 
  前日比
0
0
1
0
0
40
岡山県
23
23
23
23
23
 
  前日比
0
0
0
0
0
41
長崎県
17
17
17
17
17
 
  前日比
0
0
0
0
0
42
宮崎県
17
17
17
17
17
 
  前日比
0
0
0
0
0
43
秋田県
16
16
16
16
16
 
  前日比
0
0
0
0
0
44
鹿児島
10
10
10
10
10
 
  前日比
0
0
0
0
0
45
徳島県
5
5
5
5
5
 
  前日比
0
0
0
0
0
46
鳥取県
3
3
3
3
3
 
  前日比
0
0
0
0
0
47
岩手県
0
0
0
0
0
厚職員+検疫官+入管
158
158
157
157
156
長崎クルーズ船
148
148
148
148
148
チャーター機
14
14
14
14
14
合 計
15,374
15,253
15,078
14,877
14,571
クルーズ船
712
712
712
712
712
 総 計
16,086
15,965
15,790
15,589
15,283
国内死亡
566
556
536
517
481
 国内致死率
3.68%
3.65%
3.55%
3.48%
3.30%
クルーズ死
13
13
13
13
13
 死者計
579
569
549
530
494
国内解除
4,587
4,496
3,981
3,981
3,981
 現在感染率
70.16%
70.52%
73.60%
73.24%
72.68%
クルーズ解除
651
651
651
651
651
国内重症
309
308
328
328
328
クルーズ重症
4
4
4
4
4
 重症計
313
312
332
332
332
※数値はNHKの午後10時前後の発表数値を採用している。