新潟県のホームセンター大手の「アークランドサカモト」が大手住宅設備メーカーの子会社でホームセンターを展開する「LIXILビバ」を買収する方向で調整している。買収はTOB=株式の公開買付けにより全株取得を予定しており、買収総額は1000億円を超える見込み。

LIXILは、海外社の運営と処理に付き、トステム系が雇った社長から反旗を起こされ、INAX系と組み、トステム系は追い出されたお家騒動、INAX系が勝利し、これまでのイケイケドンドンの営業政策の見直しを進めており、本業外のビバホームを手放す。

sponsored


スクロール→

 

LIXILビバ

アークランドサカモト

単純合計

単位

非連結

連結

百万円

20/3

20/2

売上高

196,886

112,684

309,570

営業利益

10,010

9,575

19,585

経常利益

9,389

10,394

19,783

当期利益

6,597

4,846

11,443

総資産

190,656

105,608

296,264

自己資本

66,260

73,596

139,856

資本金

24,596

6,462

31,058

有利子負債

34,000

5,810

39,810

自己資本率

34.80%

69.70%

47.21%

 

LIXILは海外展開を焦り、ドイツのブランド会社のぼろぼろ会社をつかまされたり散々、その結果、総資産が膨れ上がり、自己資本率も悪化させ、営業利益率も悪化させてきている。トステム陣営にしても今はボンボンの時代、海外展開では実質失敗、経営の才覚に乏しかったのだろうか。

LIXILは建築資材メーカーのサブコン、同社が球団を買収する計画を打ち出したときから、何を考えているのだろうかと思っていた。

ボンボンには強力な番頭が必要。

政治でも企業でもボンボンは世間離れしており、言いたい放題、やりたい放題の輩が多く、ご意見番が必要だが、こうしたボンボンはご意見番すら切ってしまう。

瀬戸代表は、大手2社が統合したLIXIL、いまだ2つの潮流が存在する同社をうまくコントロールすることができるだろうか。国内の建築市場の環境は決してよいとはいえず、図体も大きく、力量が問われることになる。


スクロール→

LIXIL-

/百万円

20/3

19/3

18/3

会計方式

IFRS基準

売上高

1,694,439

1,832,608

1,664,817

営業利益

39,121

-15,029

80,949

経常利益

46,811

-17,990

89,997

当期利益

12,518

-52,193

54,581

総資産

2,091,529

2,059,544

2,107,131

自己資本

502,165

533,656

616,897

資本金

68,418

68,418

68,121

有利子負債

596,090

725,958

687,910

自己資本率

24.0%

25.9%

29.3%