18日のNY為替市場では、アメリカ経済の先行きに対する警戒感から、ドル売り円買いが進み、円相場は大きく値上がった。
円相場は、18日の米国市場で、前日比1円以上値上がりし、円高ドル安の1ドル=105円43銭となった。
ユーロに対しては、17日と比べて42銭円高ユーロ安の1ユーロ=125円79銭だった。

市場関係者は17日に発表されたニューヨークの製造業の景況感を示す指数が、市場の予想を下回ったことをきっかけに、アメリカの景気の先行きに対する警戒感が高まっている。
加えて中国の通信機器大手ファーウェイに対する制裁をめぐり、米中の関係悪化を懸念している投資家も多く、ドルを売る動きが強まったとみている。

一方で、新コロナによる金利低下と金融緩和により、金余り現象の投資市場に対する影響は大きく、NYダウ平均は、トランプ政権の経済政策を好感して上がり続け、18日は▲66ドル安になったものの27,778.07ドルと空前の高水準にある。

sponsored


ただ、景気不安・政情不安から上昇する金価格も2011.6ドルと最高値圏で推移している。

株は夢で上昇し、現実で下落するもの、現実の大手企業の新コロナによる業績次第となるが、IT業界はテレワークの世界的な急増から追い風が吹き、アマゾンなど通販も外出禁止により空前の業績になっている。

米国においては、打撃を受けている製造業のGDPに占めるウエイトは高くないが、飲食等のサービス産業に対する消費はGDPの主を占め、外出禁止令や自粛により消費は減少、こうした関連の失業者も回復してきたものの新コロナ以前には程遠く、消費減退の圧力になっている。
まだ、米国では日々3万~4万台の感染者が発生し続けており尋常ではない。日本の感染者は累計で57,777人、米国は5,611,975人と日本の百倍に達している。