アイコン 自分党・谷川弥一的「選挙対策委員会」という茶番!(その9)


谷川

(悪代官・谷川邪一)

動画(谷川弥一的強権政治の正体)

 

上の動画は昨年12月29日、2022年、長崎県知事選挙についてと題し、先ず選挙対策委員会(委員長・谷川弥一)が開かれ、大石氏ありきの谷川弥一が牛耳る選挙対策委員会は強引に意向調査という投票を行い、長崎県民から見て政治家として何の行政経験も実績もない霞が関(官僚)とは名ばかりの精神神経科医の大石氏が谷川の計略通り、17対13で推薦は勝ち取った。

その直後に開かれた総務委員会では大石推薦に反対する意見で総務委員会は大荒れに荒れ、収拾がつかない状況の中、総務委員長である「ごうまなみ県議」に事前の打ち合わせ通り、谷川が総務委員会の打ち切りを指示、総務委員会は混乱する中で谷川弥一によって強権的に打ち切られている。

スポンサーリンク
 
 

松本
(大村藩側用人・松本妖助)

上の動画はその直後に谷川弥一の強引なやりかたに抗議する島原市の馬場勝郎市議と傍若無人な谷川弥一の暴走ぶりを見事に証明する動画である。

そもそも、自民党総務会の議事というのは党内対立の萌芽を断ち切るという趣旨から全会一致で意思決定を行うのが慣例であり、それが自民党の長い歴史の中で党内にしこりを残さないという大義のために積み重ねて来た先人達の知恵だ。

例え、合意形成がうまくいかない場合でも総務委員会が「調整弁」として作用し、議論が平行線をたどった時は、総務会長が党三役による「預かり」とし、事実上凍結し、党内融和を図ってきたのである。

はっきり言って総務会長「ごうまなみ県議」には荷が重すぎた。

まして現在の自民党県連は12月24日、分裂していた「自民・県民会議(17人)」と「自民(16人)」が再統合したばかりである。尚の事、このような県政の大事な舵取りを決めるような議事は慎重かつ丁寧に運ぶべきであり、谷川のように個利個略、私利私欲で自己の権力欲だけの目的のために強引に事を進めることは再分裂の引き金になりかねない愚挙であり暴走である。

谷川は平成15年、県議から国会議員に成りあがっているが、国会議員として一度として天下国家を語ることもなく、自身の保身と谷川建設の売り上げと栄華のみに心血を注ぎ、そこには長崎県の発展など眼中にもなく、長崎県政で自己の権力欲だけに執心している様は餓鬼道そのものである。

今回、海の物とも山の物ともつかぬ39歳の大石氏を担ぎ、傀儡政権を作り県政を自身がほしいままに操りたいという権力欲だけで県政を混乱させようとしている谷川の罪責は重い。

本来、国会議員というのは大所高所から県政を纏める立場にあり、谷川のように国会議員でありながら県政に自らがしゃしゃり出て県政を混乱させている。今回のような暴走は長崎県政に大きな禍根を残す結果になることは必定であり、所詮は成り上がりの欲ボケ老人にすぎない。

谷川弥一は金子県政12年、中村県政12年、長崎県政を意のままに動かそうとし、12年前、知事選出馬を固辞する中村法道氏を担ぎ出しに成功した谷川弥一は己の力で中村氏を担いだと勘違いし、中村氏が当選すると案の定というか予定通り谷川は自らが知事のように振舞い、長崎県庁内を跋扈、県政を己の意のままにしようとあの手この手で中村知事を責め立てていた。

それはパワハラと言っても過言ではない言葉による暴力そのものであった。

中村知事にすれば自民党県連に推薦されて知事になったのは事実だが、推薦してくれたのは谷川一人だけではない、120万長崎県民に担がれているとの思いで今日まで知事職を全うしてきたとの思いである。

ただ、長崎県のオーナーとでも勘違いしている谷川にすれば意のままに動かない中村知事に対して日に日に苛立ちが増し、中村知事へのパワハラは増すばかりであった。

それが決定的になったのは新県庁舎建設工事を大林組とJVを組んでた参加した谷川建設が落札できなかった時からである。

大林組・谷川企業体は落札した鹿島・上滝企業体よりも8億円も高かったのである。

それでも谷川は大林組・谷川建設企業体に取らせろ取らせろと執拗に中村知事に迫っていた。そのせいで新県庁舎が半年も着工が遅れたことは語り草になっている。

そこの件は長くなるので後日詳しく書くが、ようするに長崎市長の田上市長のように自分の意のままに動かない中村知事を手下の県議どもを使い、引き摺り落そうとしているのが今であり、一番の動機はここにある。

それが今回の大石某担ぎ出しの真相であり、暴走である。

金子県政12年間、長崎県庁を谷川建設の下部組織のように牛耳ってきた権力の蜜の味を忘れられず、齢81歳になっても見苦しく執着する様はまさに餓鬼道そのものであり、谷川が得意としてきた権謀術数、手練手管は、これからは通用しなくなる。

国会の一般質問でいくら般若心経を唱えても色即是空の意味さえも理解できず、やっていることは夜の銅座、丸山を徘徊し、色即女色即女の色道だけである。
谷川弥一齢81歳、愈々、その権力欲に塗れた歴史に幕が下ろされる時が近づいてきている。

谷川弥一の暴走を許すな。

(その10)に続く

インターネット長崎奉行・遠山金四郎こと中山洋次

印刷

[ 2022年1月 5日 ]
スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧