アイコン 自民党北海道連会長の吉川貴盛衆議 アキタフーズから現金受領か 東京特捜捜査

Posted:[ 2020年12月 2日 ]

東京地検特捜部は、自由民主党北海道連会長の吉川貴盛元農水大臣(衆議6期目/二階派)が、鶏卵生産大手のアキタフーズ(広島県福山市)の前会長から現金を受け取った疑いがあるとして捜査を進めている。

吉川貴盛元農水大臣が、アキタフーズの前会長から、政治資金収支報告書に記載のない現金を受け取った疑いがあるとして、東京地検特捜部が関係者への事情聴取を行うなどの捜査を進めているとみられることがわかったと報道されている。

鶏卵業界の関係者によると、前会長は日本養鶏協会の元副会長で、政治家との豊富な人脈を持っていたという。
アキタフーズは7月、河井克行氏・案里氏の公職選挙法違反被疑事件に関連して広島地検等による家宅捜索を受けていた。




これを受け、アキタフーズは8月5日付で、秋田善祺氏(86)はグループ代表(=会長)を辞任し、長男の正吾社長(62)も社長職を解き、生産管理部門担当の取締役とし、後任の社長に岡田大介会長(64)が就く人事を発表している。
以上、

吉川氏に力があれば、記載漏れで、修正記載でチョンチョンだろうが、現在の検察は、安倍-菅ラインを嫌っており、どうなるかわからない。二階派であり、反対派閥も多く他派閥は見学コースか。
農水大臣になった祝儀だったのだろうか。大臣就任期間は2018年10月2日~2019年9月11日。大臣就任中に受け取っていたら、やばい。
検察の誰かさんが賭けマージャンでお辞めになり、検察がまともになっている。

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。