アイコン どうせ原資は税金 貰わにゃ損々 奥原元県会議長200万円 三原市長150万円也

 

 

昨年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、公選法違反(買収)容疑で逮捕された前法相の衆院議員河井克行容疑者(57)と妻の参院議員案里容疑者(46)の買収対象者とされた94人の中に、元広島県議会議長の奥原信也県議(77)が含まれていることが24日の取材で分かったと東京新聞が報じている。
受け取った疑いのある額は200万円で94人の中で最高額とみられ、取材に対し受領を認めた。
広島県三原市の天満祥典市長(73)も含まれ、受領額が150万円とみられることも判明。94人のうち、約20人は現金を複数回受け取った疑いがある。
以上、東京新聞

お金は天からのまわりもの、貰わにゃ損々
94人の金額入りの名簿が欲しいものだ。

強欲議員は俺があんな議員より少なかったと腹を立てることだろう。
94人にとって今回はバレてしまったぐらいのことだろうが・・・。

政治資金規制法や公職選挙法の収支報告書、何年経ってもいつでも書き直せるなら、子供騙しに過ぎず、100%必要ないだろう。

河井夫妻はいつまで2人して国会議員の報酬を貰い続けるつもりだろうか。どうせ原資は税金。
顔の皮は10枚以上あるのだろうか。

 

[ 2020年6月24日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産