アイコン 韓国大統領府秘書官が極秘訪日していた 韓国の提案 日本側拒絶

Posted:[ 2020年12月10日 ]

報道によれば・・・

韓国の青瓦台(チョンワデ、大統領府)が最近、2度にわたり国家安保室所属の秘書官を日本に極秘に派遣し、強制徴用問題などの懸案を協議したことが分かった。

文藝春秋によれば・・・

朴秘書官は10月11日に日本を訪問し、外務省の滝崎成樹アジア大洋州局長に会った。この席で朴秘書官は強制徴用被害者賠償問題に関連し、「日本被告企業の差し押さえ資産が現金化されると同時に韓国政府が損害を保全する」と提案した。

韓国側の提案を・・・

これに対して日本側は「たとえ(保全が)同時に行われるとしても判決執行を認めろということには変わりない」として直ちに拒絶した。

以上、報道より参照




ネットの反応では・・・

『まず会わなくていい』

『面子の国なんだよな、中国もだが』

『中国、米国には弱いくせに、日本政府は』

『いい加減どっちか折れればいいのに』

『安倍じゃなくなっても変わらんね、二階が首相なら二つ返事ですんだろうに』

『菅さんそろそろバッシングくるかな』

などの声が上がっている。

 



 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。